メインメニュー
学校紹介
学校評価

2016年9月1日(木曜日)

2学期始業式式辞

カテゴリー: - doi01 @ 10時49分56秒

 またこうやって、みなさんに会えたことを嬉しく思います。
 私はみなさんのことが大好きですし、土居中学校のことも大好きです。ですから、こうやって2学期を一緒にスタートできることが嬉しいのです。

 今から2つのことについてお話します。
 1つは挨拶、もう1つは体育祭のスローガンのことです。実は、昨年度も同じことを取り上げました。2学期のスタートにあたり、最も大事だと考えているからです。

 1学期、地域の方々から何度も、土居中生の挨拶が素晴らしいと言っていただけました。先日も、お世話になっている保護司の井川さんが来校され、開口一番「校長先生、土居中の子らの挨拶は、本当によくなったなぁ。」と言われるのです。登下校の時、土居中生は気持ちの良い挨拶をしてくれると喜ばれていました。それを聞いて、私も嬉しい気持ちになりました。

 土居は、みなさんのふるさとです。小学校のときは、公民館活動などで、地域とつながる活動がずいぶんあったと思います。しかし、中学校に入ったとたん無くなってしまうことを、申し訳なく感じてきました。ふるさとが大好きで、ふるさとに貢献できる人に育ってもらいたいからです。

 でも、地域から喜ばれる活動が、こんな身近なところにあったのだと教えてもらったのが、この挨拶なのです。みなさんの挨拶で、地域の人たちが明るい気持ちになり、笑顔になり、お年寄りが元気になる。挨拶は特別な行事ではなく、日常生活の中たったの1秒で完結する行いです。
 これから秋の爽やかな空気が、朝夕に漂い始めます。登下校のとき、ふるさとに貢献するつもりで、「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」の挨拶を心がけてみて下さい。

 2つ目は、学校生活に話を戻します。生徒会リーダー研修会で決まった体育祭スローガン『十人十色〜夢限のcolor〜』について話させてください。
 リーダー研修会の日、私は出張で同席することができませんでした。みなさんがどんなスローガンに決めるのか、楽しみにしておりました。『十人十色〜夢限のcolor〜』に決まったと聞き、「へぇそうきたか。」と思いました。過去の体育祭のスローガンは、熱くてパワフルな表現が多かったからです。

 私の中で『十人十色〜夢限のcolor〜』のイメージをふくらませました。このスローガンに決めたみなさんの思いも想像しました。そのうえでお伝えしたいのは、「仲間とのつながりを大切にしようとする土居中ならではの素晴らしいスローガンである」ということです。

 赤色の人が十人集まったところで、赤色にしかなりません。青色の人が百人集まっても、色は青色以外のものにはなりません。黄色の人が何万人集まろうと、黄色以上のものにはならない。ところが、赤色の人ひとりと青色の人ひとりが力を合わせるだけで、新しく紫色が生まれます。青色と黄色の人が、お互いを認め合うと緑色という新しい色になります。こうやって、それぞれの個性を認め合い、持ち味を発揮しあうことで想像もしなかった世界が生まれる。一人一人が生き生きと輝くというのは、こういうことなんだと、みなさんが言っている気がしたのです。

 これからみなさんが生き抜いていく時代というのは、人と人がつながり、互いの良さを引き出しあって、もっと素晴らしいものができないかと工夫する者が活躍する時代です。誰もができることは、人間に代わって人工知能やロボットがやってしまう時代がきます。そういう点からも、このスローガンはこれからの時代を象徴するものですし、体育祭が終わった後も忘れないでもらいたいと思うのです。

 さぁ2学期が始まります。「挨拶で地域に貢献すること」「十人十色〜夢限のcolor〜を実現する体育祭にしてほしいこと」
 2つのことをお願いして、式辞といたします。


2016年7月14日(木曜日)

あいさつ

カテゴリー: - doi01 @ 16時35分45秒

校長室日記も、1か月ぶりに書いています。

日記じゃないと自戒しています。

 

今日、子ども課の松木さんが来校されました。

校長室に入ってすぐ、こう言われました。

「校長先生、あの黒いシャツで走っているのは何部?

みんなきれいな挨拶してくれて。」

「男子バスケット部だと思います。

土居中の子たちの挨拶がいいと、今年は何度もお褒めの電話をいただいているんです。」

 

こんな話ができる幸せを噛みしめさせてもらいました。

土居中の子どもたちの伸び方は、ほんとうにすごいと感じています。

 

 


2016年6月14日(火曜日)

いのちを考える

カテゴリー: - doi01 @ 15時43分24秒

1時間目、1年生は体育館に入りました。

新生児医療の現場をとりあげたビデオを視聴するためです。

子どもたちの様子を見て、すぐに他の教室へ行く予定だったのですが、動けなくなってしまいました。

出産という厳粛な場で、いのちを中心に繰り広げられる現実に、ただただ圧倒されました。

そして感動し、涙がこぼれました。

1年生は、自分のいのちの素晴らしさに気づいてくれるでしょうか…。

是非そうあってほしいと祈るばかりです。

                                                                


2016年6月8日(水曜日)

地域の方から

カテゴリー: - doi01 @ 20時01分58秒

市総体から帰ってくると、机上にメモが置かれてありました。

 

地域の方 (女性)より

『ホームページをいつも読ませていただいています。

昨日、愛媛新聞に載っていたのですが、土居中卒業生の近藤選手が理緒オリンピックへ出場するのをご存じですか?』とのことでした。

 

ご指摘、ありがたいなぁと思います。

近藤選手の中学時代のことを知っている先生はいませんし、本人に断りなくHPに名前を出すことが許されるのだろうか…悩んでいました。

しかし、土居中学校にとって、こんな栄誉はないわけで、横断幕をつくって玄関に掲げることにしました。

 

土居中学校あげて、オリンピックでの活躍を祈り、応援したいと思います。

 


2016年6月6日(月曜日)

教職員研修

カテゴリー: - doi01 @ 19時32分09秒

村上圭司校長先生の授業後、教職員研修をしました。

                                                                                                                                

グループをつくって、まずは学んだことを共有。

                                                                                                                                

授業では子どもが主役であったように、研修では先生が主役になってくれました。

それほど村上圭司校長先生の授業が素晴らしかったということです。

大きな刺激をいただき、明日からまた新鮮な気持ちで土居中の子どもたちに向き合ってくれるものと期待しています。

研修が終わったあと、子どもと同じように先生も前に集まってきました。

子どもたちと同じ目をしていますね。(*^O^*)

 


2016年6月3日(金曜日)

笑顔っていいなぁ

カテゴリー: - doi01 @ 12時19分36秒

3時間目、校内をぐるりと一周。

体育館では2年生女子が、長縄にチャレンジ中でした。

ある学級は、縄の回転をとても速くして、そこを飛び抜けていました。

仲間が跳ぶ瞬間、息をのむように見つめて…

成功すれば笑顔で拍手。(*^O^*)

失敗しても笑顔笑顔。(*^-^*)

楽しみ方を知っていると嬉しくなりました。

 

当然、「校長先生もどうぞ。」と声がかかります。

「私が写真撮りますから。」

よし!と跳んだのがこれ。

大失敗!(>_<)

でも子どもたちの温かい笑顔が心地よかったのです。

 


2016年6月1日(水曜日)

嬉しい要望

カテゴリー: - doi01 @ 18時56分09秒

バレー部男子顧問の伊藤先生が、校長室へ入ってきました。

子どもたちに、これをHPに載せてほしいと頼まれたのです。

                                

大洲へ転校した西山くんから届いたもの。

HPの壮行会の画像を印刷し、裏には応援メッセージが書かれてあります。

西山くんの思いにも感動しますが、これをHPに載せてほしいというバレー部の気持ちにも感動させられます。

遠く離れていても、2年間ともに汗を流したつながりは、色あせることがないのです。

心がほっかりと温かくなりました。

 

 


2016年5月31日(火曜日)

好井先生のあいさつ

カテゴリー: - doi01 @ 11時26分51秒

土居中学校での勤務が終了する好井先生が、職員朝会で述べたことばを、私たちは大切にしなければならないと思っています。

「中学校で勤めるのは初めてで、とても不安でしたが…」

で始まったあいさつは、次の言葉で締めくくられました。

「この1年2か月で、土居中が大好きになりました。」

 

子どもが大好き♫ 土居中が大好き♫

若い先生の純粋な思いに学び直しをさせてもらった朝でした。


2016年5月26日(木曜日)

ようこそ

カテゴリー: - doi01 @ 13時15分08秒

美術を担当してくれている山川先生に、「校長室に生徒作品がほしい。」と無理をお願いしていたのです。

来ました、来ました。!(^^)!

2年生の大原虎太朗くんと、3年生の内川純麗さんの作品です。

                                                                

ようこそ校長室へ♫

1年生の耳鼻科健診があって、先生と看護師さんを校長室へお通ししました。

帰られるときに看護師さんが、「校長室に飾ってもらえるってええよなぁ。」とつぶやかれました。

校長室って、やはり特別で、敷居の高いところなんでしょうか…。

子どもの作品で、子どもの話ができるのが、最高だと思うんだけどなぁ…。


2016年5月20日(金曜日)

花たち

カテゴリー: - doi01 @ 12時50分32秒

土居中学校の校舎と校舎の間にある通称「Do愛ひろば」。

ここには、植物を植えられるちょっとしたスペースがあります。

世話は十分できていないのに、花が咲いています。

                                                                

おそらく儀式や参観日で準備した鉢植えを、ここに移植したのでしょう。

誰が植えたか分かりませんが、ただそこに咲いてくれているだけで嬉しくなります。(^^)

 


2016年5月13日(金曜日)

いちょうの実

カテゴリー: - doi02 @ 16時06分35秒

あの樹齢310年の大きなイチョウの樹の実がこれです。
H280513e7.JPG 
この小さな実の中に、あの大木になるエネルギーがつまっています。
1年生のみなさんの中にもこんな実があって、芽を出そう、大きく育とうとウズウズしています。

まだ中学生になってひと月あまり。
これからの成長を楽しみに見守りたいと思います。
頑張りましょうね。


2016年5月10日(火曜日)

かるた

カテゴリー: - doi01 @ 14時41分24秒

6,7,8組の授業を見せてもらうと、いろんな工夫をしてくれています。

今日見せてもらったのは、国語の授業の導入に「かるた」を取り入れていたこと。

                                

子どもたちの目が輝く授業を目指して、先生方も工夫してくださっています。

ありがたいなぁと思います。

 


2016年5月9日(月曜日)

整理整頓

カテゴリー: - doi01 @ 10時27分42秒

2年生のろうかで、これが目にとまりました。

                                

給食でいただいた牛乳のパックを水洗いし、乾燥させているのです。

ていねいに整理されていて、とても気持ちがいいのです。

これが雑然とした状態であったら、好ましくない環境になることでしょう。

ここまで整理整頓されていると、美しくさえあります。

良い指導をしてくださっているなぁ、いい子が育っているなぁと嬉しくなりました。

 


2016年4月27日(水曜日)

土居中の印象

カテゴリー: - doi01 @ 15時29分46秒

4月から土居中の仲間入りをしてもらった大西先生に、こんな質問をしてみました。

「土居中に来て4週間になるんだけど、どんな印象?」

こんなことを言ってくれました。

「めっちゃ真面目で、いい子ばかり。

給食、清掃時は無駄話が一切ない。

ゴミがない。空気が凜としている。

通勤時間が長くなければ、ずっとここにいたい。」

「職員室も明るいし楽しい。若い先生も元気いいし。」

ありがとう、大西先生。

土居中の子どもたちを、もっともっと立派に育てていきましょう。

藤田先生が生けてくださったミヤコワスレ

 


2016年4月25日(月曜日)

授業者になる

カテゴリー: - doi01 @ 17時15分10秒

3時間目、無理をお願いして急きょ授業をさせてもらいました。

3年1,2組女子の体育です。

体育の授業者になるのは4年ぶりでしょうか。

久しぶりの感覚を楽しみながら、子どもたちと向き合いました。

いつもは授業を見せてもらうのですが、今日は宮崎先生に授業を見てもらいました。

子どもたちには、「体育は楽しいでしょ?」というメッセージを。

宮崎先生には、「これからの体育をお願いしますよ。」というメッセージを。

受けとってくれたかなぁ…。

 


2016年4月21日(木曜日)

雑感

カテゴリー: - doi01 @ 11時18分47秒

学校のいたるところで、こんな先生の姿を見ます。

授業が空いた時間に、子どもの日記を読み、赤ペンで返事をしているのです。

子ども一人一人を大切にしてくれています。

ありがたいなぁと思い、いつも見ています。

1年生の日記には、男子も女子もいっぱい思いを綴っていました。

 

雑巾を見て思ったこと。

                                                                

「汚れてきたなぁ。」(^^)

左から、1年生、2年生、3年生のろうかに掛けられていた雑巾です。

真っ白だった雑巾が、掃除して黒くなってきました。

雑巾が黒くなればなるほど、教室も自分も汚れが落ちて美しくなるよ。(^_-)

 


2016年4月18日(月曜日)

まいりました

カテゴリー: - doi01 @ 11時50分17秒

今朝、生徒玄関前で挨拶しながら、子どもたちを迎えていました。そして、ある1年生女子の行動に目がとまりました。

その子は、自分の靴のかかとを丁寧にそろえ、そのあと2列横の友だちの靴のかかともそろえたのです。その行動に感動し、声をかけました。

「友だちの靴もそろえられるなんてスゴいね。」

「ありがとうございます。」

そう答えて、にこっと笑いました。この爽やかさはどうでしょう。

かなわないと思いました。お見事! <(_ _)>

 


2016年4月17日(日曜日)

カテゴリー: - doi01 @ 17時47分48秒

校長室には、花瓶に生けられた花、鉢植えの花が置かれています。

                                

卒業式に体育館に並べた花は、見事に咲いて満開状態。

一輪挿しには藤田先生が生けてくださった花が。

花を見て、無条件にいいなぁと思います。

 


2016年4月12日(火曜日)

卒業生の言葉

カテゴリー: - doi01 @ 18時14分42秒

放課後、卒業生が母校を訪ねてやって来ました。

数学の問題を教えてもらったようです。

が、そこからいろんな話が始まったのでしょう。

先生方も集まって…

「何か後輩に伝えておきたいことある?」

その質問に対しての即答は…

「勉強は頑張っとかないかん。」

分かりました。後輩に伝えておきます。

 

やっぱり土居中学校は、子どもと先生の距離が近いなぁ。

 


2016年4月11日(月曜日)

身が引きしまります

カテゴリー: - doi01 @ 11時47分15秒

先ほど、土居小学校の入学式に参加。

可愛い6歳の子たちに、目が細くなりました。

今思うのは、義務教育9年間のすごさです。

中学校を卒業する15歳、心身とも本当に成長しています。

この9年間で、社会に通用する人物にまで育てるのですから、当然といえば当然かもしれません。

でも教育の力って、本当にすごいなと思います。

またその責任の重さに、身が引きします。

午後、135名の新入生を迎え、学校の主役が全員そろいます。

さぁこの土居中で、いのちを輝かせながら育っていってください。

校長室も、お客様を迎える準備ができています。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project